無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

バレンタインデー
謙杜side
朝学校に行くと
女子
謙杜くんおはょ!
長尾謙杜
おはよう
女子
あの………
長尾謙杜
女子
どうぞ
長尾謙杜
あ、ありがとう
女子から、袋に入った何かを貰った
長尾謙杜
何これ?
袋の中を覗いてみると









チョコレートだった
長尾謙杜
そうか!今日はバレンタインデーだからか
長尾謙杜
美味しそ♪
もう、これ以上は貰わないと思っていたチョコレートやお菓子
でも、、、
靴箱を開けると


















ドサドサドハ
長尾謙杜
え!?
箱や袋が落ちてくるほどギュウギュウに詰め込まれていた
長尾謙杜
うそ!?
















それを持ち教室に入ると
机の上にも袋や箱
しかも、手紙まで
男子
謙杜やるな〜
長尾謙杜
いや、こんなんまぐれだよ!
男子
さすがモッテモテ
男子
イケメン!
1部の男子に冷やかた



















放課後
色んな人に呼ばれ
告白され、お菓子を貰って
もう、クタクタ
帰ろうと思った時
女子
長尾くん
女子
はい、どうぞ
女子
私のも受け取って!
女子
私のも
また女子に止められた
長尾謙杜
あ、ありがとう( ̄▽ ̄;)ハハッ
女子
長尾くん!
長尾謙杜
ん?
俺は、誰かに呼ばれた
女子
あの、受け取ってください。
3年生ではない子だろう
リボンが違う
長尾謙杜
ありがとう😊
そう言って俺は、そそくさと教室から出
ある人の所へ向かう