無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

買い物
私が服を買った後も、2人で色んなお店に周り今は、カフェでゆったり休憩中
佐藤心
カフェオレ美味し〜
あなた

美味しそうやな〜

佐藤心
飲む?
あなた

じゃ、お言葉に甘えt

西村拓哉
あ!あなた!!
飲んでる時に誰かに呼ばれた
あなた

(/◎\)ゴクゴクッ・・・(カフェオレ)

飲んでいて、誰か呼んだなって思って顔をあげようとした時心が近づいてきて
佐藤心
あなた彼氏来たよ
あなた

∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ

西村拓哉
(゜Д゜)ア
あなた

( >д<)、;'.・ ゲホゴホ

私は、いきなり心に言われたことにびっくりして、むせてしまった
佐藤心
‪w‪w‪w‪w‪w
西村拓哉
大丈夫?
あなた

うん‪w大丈夫☺

あなた

ちょ、やめてよ!(心を叩く)

佐藤心
ごめんごめんって‪w‪w
西村拓哉
佐藤さん何したん?
佐藤心
あ、佐藤さんって堅苦しいから、心にしてちゃん付けダメ
西村拓哉
あ、はい
西村拓哉
で、何してたん?
佐藤心
えっとね、拓哉があなたって呼んだろ
西村拓哉
うん
佐藤心
そんときにあなたの耳元で
あなた

え?言うん!?

佐藤心
「彼氏来たよ」
佐藤心
って言ったんよ‪‪w
佐藤心
それだけ
あなた

ちょ、やめや

私が焦って心の口を塞ごうと思ったけれど塞げなかった
おそるおそる拓哉の方を見ると、顔を真っ赤にしていた
西村拓哉
(〃△〃)
あなた

(〃△〃)

拓哉の顔を見た私も照れてしまった
照れたまま、顔を合わせられず、目線を逸らしてしまった
あなた

(/ω・\)チラッ

チラッと拓哉を見ると、目が合ってしまった
佐藤心
(o´罒`o)ニヒヒ★☆



















こんなところをまさか、あの人に見られてるとは思っていなかった