無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

カフェ
私と駿佑は会っていなかった時の話をしながらカフェへ向かった
道枝駿佑
そういえば、あなた
あなた

ん?

道枝駿佑
あなた学校今日休んだでしょ
あなた

あ、バレた(;´∀`)…ァハハハ…ハハ…ハ…

道枝駿佑
wwwww
道枝駿佑
そりゃあ平日なのに朝から、来るとか絶対学校休んだしかないやんw
あなた

天才やん!

道枝駿佑
ありがと^^*
道枝駿佑
で、なんで休んだん?
あなた

えぇ〜っとね。行きたくなかったから

道枝駿佑
なんで??
あなた

理由は後で言うわ

道枝駿佑
ほんと??
あなた

うん

道枝駿佑
別に言わなくてええんやで
あなた

うん。じゃあ私の気分で言う

道枝駿佑
なんやそれw
あなた

(/∀≦\)てへっ♪♪

ちょっと、笑いどころが分からない会話をしていたらあっという間にカフェに着いた
お店の人
いらっしゃいませ
お店の人
何名様ですか?
道枝駿佑
2名です
お店の人
こちらへどうぞ
道枝駿佑
はい
店員さんに連れられ、席に着いた
道枝駿佑
何飲む?
あなた

甘〜いカフェオレ

道枝駿佑
じゃあ俺は、カフェモカ飲も〜
そう言い駿佑が、店員さんを呼ぶボタンを押す
お店の人
ご注文はお決まりですか?
道枝駿佑
はい、甘〜いカフェオレとカフェモカ1つお願いします
お店の人
わかりました。少々お待ちくださいm(*_ _)m
店員さんが注文を受け取り、どこかへ行った
道枝駿佑
今日どこ行く?ぶら〜とショッピングモール回る?
あなた

どこでもいいよ〜

あなた

じゃあショッピングモール回ろうか

道枝駿佑
了解