無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

🎄
your side


翔と付き合い始めて、もう4ヶ月。





翔と過ごす始めてのクリスマスがやってきた。





ただ私たちはまだキスをできていなかった。





翔はずっと私を待ってくれている。





だから、今日こそは……
あなた

翔!!

翔
翔
あなた!!
約束の10分前に着いたはずなのに、翔はもう待ち合わせ場所にいた。
あなた

あれ?時間間違えてた?ごめん!!

翔
翔
いや、俺が早く来すぎただけ……///
翔
翔
その、あなたに早く会いたくて……///
あなた

ふふっ、翔私のこと好きすぎw

翔
翔
なっ……///
あなた

ごめん、ごめんw

あなた

行こ!!

照れる翔の手を自分からとって歩きだした。





大丈夫。





私はちゃんと翔が好き。





翔の気持ちが嬉しかったし、自分から手も繋げた。





大丈夫。
あなた

翔、好きだよ

翔
翔
なっ……///だから急に……///
あなた

ふふっ、だって好きなんだもん

翔
翔
……///俺も好きだけど……///
今日は前に進める。