無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🎄
your side


花火大会の翌日。
あなた

おはよう、翔

翔
翔
あっ、おはようあなた!
同じ大学に通う翔はいつもと変わらない笑顔を向けてくれた。
あなた

あの……

翔
翔
昨日のことなら気にしないで!
翔
翔
俺はあなたを大切にしたいから
あなた

ありがとう…

翔は優しい。





こんな嘘つきな私を大切にしたいといってくれる。





私も翔を大切にしなきゃ……。





そう思うのにお兄ちゃんの存在が消えないのはどうして?





自分から傷つけて、自分から離れたのに





今さらどうにもならないのに





どうして?
翔
翔
"あなた、好きだよ"
ユンギ
ユンギ
"あなた、好きだ"
翔をお兄ちゃんと重ねてしまうのはどうして?











︙
















午前中の講義を終えて、2人でお昼ごはんを食べたあと





人がいるというのに、私のひざの上に頭を乗せて昼寝を始める翔。
あなた

ちょっと、翔?w

翔
翔
ん〜?w
ふふっ、恥ずかしいけどこういうのが幸せなんだろうな……///





それにしてもニヤニヤしすぎな翔にイジワルしようとお腹をつついて見たけど、無反応。





お兄ちゃんだったら顔を……





まただ。





またお兄ちゃん。





翔といるたびにお兄ちゃんを思い出す。





ダメだ。





自分にブレーキをかける。





だって私には翔がいるから。





今の私の隣にいるのは翔だから。