無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🎄
your side


もう何時間たっただろう。





あたりは真っ暗になって、カップルたちはもうみんないなくなってしまった。





クリスマスの夜に1人取り残された私。





って、どんな立場で言ってんだろ。
あなた

あ〜あ、寒いなぁ……

ただただ、寒さが身にしみた。





今ごろお兄ちゃんは沙羅さんとでもいるのだろうか。





沙羅さん、綺麗な人だったしな……
あなた

はぁ……

どうすればいいんだろう?





お兄ちゃんと離れてから、お兄ちゃんのことを忘れたことはなかった。





苦しくて、寂しくて、





何度も忘れようとしたけど、できなかった。





どうしてお兄ちゃんなんだろう。





お兄ちゃんがお兄ちゃんじゃなければよかったのに。
あなた

っ……

せっかく止まったはずの涙がまた流れ出す。
あなた

っ……会いたい……

あなた

会いたいよ、お兄ちゃん……

あなた

私…お兄ちゃんじゃないとダメみたい……

こんな私の声は届かないのだろうか。





























あなた

お兄ちゃんが好き……





















































.
???
???
俺も好きだ