無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🎄
your side


触れるだけ… 





そんなキスだけどお兄ちゃんも受けとめてくれた。
あなた

お兄ちゃん…確かにあのときはね、すごくビックリしたよ……?

あなた

だけど、嫌じゃなかった

あなた

それにね、お兄ちゃんは私の自慢のお兄ちゃんだよ

あなた

優しくて、かっこよくて…だからこんな兄貴、なんて言わないで?

ユンギ
ユンギ
あなた……
あなた

好きになってごめんなんて謝らないで?

あなた

私もお兄ちゃんが好きだから……

私の精一杯の告白をお兄ちゃんは最後まで聞いてくれた。





そして私の大好きな優しい笑顔でギュッと抱きしめてくれた。
ユンギ
ユンギ
あなた、好きだ
あなた

私も…

何度も、何度も舞い降りてくるキスを受け止めて





私は確かに幸せを感じていた。





兄妹(きょうだい)での恋?





認められない恋?





応援されない恋?





それでも好き





お兄ちゃんが好き