無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

さん


内村「ん?誰か居るの???」
『うわ、最悪』
黒田「あ!あなたちゃんと日向ちゃんだ!」
日向「何で私の名前知ってるんですか」
黒田「そりゃ、クラス同じだし」
『日向教室行こ』
織山「お弁当食べに来たんじゃないの???」
檜山「ここで食べてもいいよ?」
『嫌に決まってんじゃん((ボソッ』
黒田「一緒に食べよーよ!」
日向「あなた、どうする???私は良いと思うよ?」
『日向がそう言うなら、、、、』
内村「俺は内村颯太!よろしくね!」
檜山「檜山光成です。」
織山「織山尚大!よろしくね!」
『あ、はい、、』
『ハァ、、、、』
日向「ため息つかない!笑」
『だって、、、、』
日向「今日ぐらい良いんじゃない???」
『日向は嫌じゃないの???』
日向「まぁ、嫌ではないね」
黒田「何話してるの〜???」
『いや、別に、、、、』
、、、、
『「ごちそうさまでした」』
『日向教室戻ろ』
日向「あ、うん」
内村「あなたちゃん、塩なんだね」
黒田「俺、あなたちゃんに恋したわ」
織山「は!?マジ!?」
黒田「頑張ろ」