無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

なな


放課後
女子「光輝くーーーーーん♡一緒に帰ろぉ???」
黒田「ごめん、俺あなたと帰るから」
何故私の名前を出す、ふざけてんのか???
女子「そっかぁぁぁ、今度は一緒に帰ろうねぇ?」
黒田「あ、うん、、」
女子「バイバーィ♡」
黒田「バイバイ、、(苦笑)」
女子「チッ、、」
私の隣通る時に舌打ちしたよ???
『こっっっわ((ボソッ』
黒田「ん?何か言った?」
『いや〜、何でも〜、てか黒田くんも大変だね』
黒田「そうなんだよ、もう毎日疲れる」
黒田「てか」
『???』
黒田「今、黒田くんって言ったよね」
『べ、べべべつに?気のせいだと思うよ、、?』
黒田「いや!絶対に言った!て事で罰ゲーム!」
『罰ゲームって何?』
黒田「うーーーーーん、じゃあ俺にキスしてよ!」
『は?バカなんじゃないの?』
黒田「罰ゲームだから、拒否権ないよ?」
『いやいやいやいや、キスは流石にダメだよ』
黒田「もう、遅いな〜」
チュッ        (黒田がキスをする)
『は!?』
黒田「仕方ないからこれで許してあげる!」
『、、、、』
黒田「早く帰ろぉぉぉ」
『あ、うん、、、、』
黒田「それでさぁぁ、尚大がねぇぇ、あなた?」
『はっ!ん?なに?』
黒田「話聞いてた?」
『あ、ごめん、、』
黒田「どうかしたの?」
『い、いや!私はここで!』
黒田「え、まだまだ先だよ?あなたの家は」
『じゃあねぇぇぇぇぇ!』
黒田「え、あ、ちょ!」
タッタッタッタッ
『ハァ、、ハァ、、ハァ、、ハァ、、』
『あーーーーー!もう!』
『何で黒田くんがキスしてくるの!?』
『そんなの!期待しちゃうじゃん!』
期待してもいいですか???