無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

じゅうさん


今日は土曜日
『やっと、休める〜』
最近はやけに疲れを感じる
プルルルップルルルッ
『誰、、』
画面には“黒田光輝”と書いてある
『っ、、、、もしもし、、、、?』
黒田「あなた〜♡休みとか要らないよね〜笑」
正直、休みは絶対いる…むしろ…ずっと休みでいい…
そう、思ってしまう…でも、そんな事言えない
『う、うん、、笑そうだね、、笑』
黒田「あなたに、会いたい〜」
『っ、、、、私もだよ、、笑』
黒田「ねぇ、、今から会いに行ったらダメ?」
『ご、ごめん…今日は用事があるんだ、、』
黒田「そっか〜、それは、仕方ないね」
『うん、、ごめんね』
黒田「じゃあ、また学校でね!」
『うん、、バイバイ』
黒田「バイバイ!あなた!」
『ん、、?』
黒田「大好きだよ!」
『ありがとう、、!笑』
ブチッ
やけに甘えた光輝の声
好きなはずなのに、、
少し、、気持ち悪いと思ってしまう、、、、
なんでだろう、、
好きなはずなのに、、、、