無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ろく

お昼の時間
日向「あなた〜、お弁当食べよ!」
『ごめん、先食べててくれない???』
日向「え、何で〜???」
『ちょっと、先生に呼ばれちゃって〜』
日向「じゃあ、食べてるね〜」
先生に呼ばれたなんて嘘だけど
体育館裏にLET'S GO!!
思ったけど名前書いてないから女かもしれないよね
体育館裏に来たけど誰もいないんすけど
バシャ
『キャッ、、、、!!』
え、私濡れてる、、、、
女子「アハハハハハハハハハハハハハハハハハ!」
『な、なに、、、、』
女子「何って、光輝くんと仲良く話してるからそれがイラついたの笑」
女子「光輝くんとあんたなんかが釣り合うわけないだろ!」
バシッ
『いった、、、、』
女子「もう、近づかないでよ〜笑」
『ッ、、、、無理、、、、』
女子「は???」
『私は話すから』
女子「は?ふざけんなよ???」
ボコッ、バシッ、ドンッ
女子「またね〜」
『ッ、、、、』
『さ、戻ろ』
話すなとか言われたけど
『そんな事する訳ねぇ〜だろってね』
ガラガラ
日向「あなた、お帰り〜。尚大達とお昼食べよって、、は!?どうしたの!?」
黒田「何でそんなに濡れてんの?誰にされたの?」
『誰にって笑事故でかかっただけ笑』
日向「ホントの事言って?」
『ホントだって!学校掃除してたおばさんが足をどこかに引っ掛けて私にかかってきたの!』
日向「そう、、なんだ、、何かごめん」
『体操服に着替えてくるね』
ガラガラ
『はぁ〜ぁ、だから、人気者と仲良くなったらめんどくさい事になるんだよ』
『教室戻って早く飯食お〜』←((((((
ガラガラ
日向「あなた!後10分しかないよ!」
『うっそ、マジ???早く食べよ』
黒田「あなた〜、放課後2人で帰らない???」
『やだよ、何で2人なの』
黒田「だって今日尚大と日向ちゃん委員会で帰り遅いって言うから」
『え〜、そうなの〜???』
日向・尚大「ごめんね!!」
『え〜、2人なのーーーーー???』
黒田「うん!」
『はぁ〜ぁ』
『私はどれだけついてないんだか』
ホントは少し嬉しかったってのは秘密