無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

きゅう

『先生に呼ばれたんで行ってきまーす』
織山「行ってらっしゃい」
日向「最近あなたおかしいよね」
内村「おかしいって、、?」
日向「お昼の時間いっつもいないじゃん」
織山「先生に呼ばれてるんじゃないの?」
日向「毎日毎日呼ばれるかな」
檜山「それもそうかも」
日向「光輝くんも思うよね?」
織山「あれ?どこ行ったんだろ」
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
『ッ、、、、いつまでこんな事するんですか、、』
女子「光輝くんと話さなくなるまで」
『無理ってずっと言ってるじゃないですか、、』
女子「それじゃないとずっと痛い目にあっちゃうよ〜?笑」
『別にいいですよ、私が痛い目にあおうと…でも、私はこれからも話し続けますから、、』
女子「生意気な事言ってんじゃねーよ!」
はぁ、また殴られる、、
そう思い目をつぶった
ガシッ
『痛くない、、、、((ボソッ』
黒田「何、殴ろうとしてんの???」
女子「べ、別に!殴ろうとなんかしてないよ♡?」
黒田「嘘つくんじゃねーよ、、」
聞いた事のないような低い声だ
女子「こ、光輝くん…どうしたのぉ?怖いよぉ〜」
黒田「はぁ、、俺見てたから、、あなたをいじめてたところ」
女子「ッ、、、、何言ってるのぉ?」
黒田「もう、そのぶりっ子辞めてくんない???後、、」
黒田「一生、あなたに関わるな」
女子「ッ、、、、もういい、、」
その瞬間私は崩れ落ちてしまった
黒田「え!あなたっ!あなた!あなt、、、、」
そこからの記憶はない
、、、、
『ッ、、、、』
黒田「あ、起きた?」
『光輝くん、、、、』
黒田「ごめんね、、気づけなくて」
『いいの、、光輝くんは助けてくれたんだし、、』
黒田「でも、、、、」
『光輝くん、、助けてくれてありがとうね』
黒田「いや、全然、、」
黒田「怖かったよね、、」
『え、、???』
黒田「すごい傷だらけだもん、、ごめんね、、、、もっと早くに助けてあげられなくて、、」
『ッ、、、、グスッ、、、、』
黒田「えっ、、大丈夫!?」
『大丈夫、、嬉しくて、、、、グスッ』
ギュッ
黒田「これからは何があっても助けるから」
『ありがとう、、、、グスッ』
黒田「もう、泣かないでよ笑」
『だって、、、、グスッ』
黒田「あなた、、、、」
『ん?、、、、グスッ』
黒田「俺と付き合いませんか____?」