無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いち


『私のクラスは〜』
日向「私5組だった!」
『嘘!私も5組だ!』
日向「えー!一緒じゃん!やったね!」
『良かった〜!日向がいないと私一人ぼっちだった』
日向「よろしくね!」
『うん!』

女子「嘘〜!光輝くんとクラス離れちゃった〜」
女子「最悪じゃーん!」


『うわっ!』
日向「どうした???」
『うちら、黒田くんとクラス一緒だよ、、、、』
日向「マジか、あんまり関わりたくないね、、」
『うん、、、、関わらないどこ』
日向「そだね、、、、」
ガラガラ
『うわ、席離れちゃったね』
日向「休み時間来るからね!」
『うん!』
キーンコーンカーンコーン
私の席は窓側の1番後ろ

少女漫画で良くある席じゃん(((((
前の子が来てないんだ
名前は〜
『はっ!?』
ヤバい、皆の視線がこっちに、、
だって前の子はあの人気なあの子だよ!?
私が1番関わりたくない子
ガラガラ
あ、来ました前の子
黒田「すみません、遅刻しました!」
センセイ「何で遅れたんだ〜?」
黒田「間違えて1年の時のクラス行っちゃいました!」
男子「うわっ!光輝らしぃーーーーー!笑」
女子「笑笑光輝くんカッコイイーーーーー!」
黒田「あ、ありがとうございます笑」
センセイ「いいから、席につけ〜」
黒田「はーい」
大丈夫、席が前でも話さなければいい
そう思っていたのに