無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ごー
ガラガラ
『おはよ〜』
黒田「あなた!おはよ!」
『お、おはよ、、、、』
何で話しかけてくんの!?
ギロッ(睨)
ほら、女子に目付けられるじゃんか
『ハァ、、、、』
日向「あなた、おはよ〜」
『おはよ、、、、』
日向「どうかしたの?」
『どうかしたも何も、黒田くんが話しかけてくるから、、、、』
日向「そんな、嫌いなの?笑」
『女子に何されるか分からないんだよ!?』
織山「おはよー!」
『何でいるんですか』
織山「俺このクラスなんだけど?」
『え、、、、???そうなの???』
日向「そうじゃん笑何言ってんの笑」
織山「影薄いのかな俺、、、、」
日向「あなたが男子を見ようとしないから笑」
キーンコーンカーンコーン
机の上に紙置かれてるんだけど
なになに、告白ですか???????
『お昼の時間体育館の裏に来て((ボソッ』
え、、、、










告白ですか???????