無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

よん


ガラガラ
『はぁ、何であの人達とお弁当食べなきゃ行けなかったの』
日向「まぁ、いいじゃんいいじゃん笑」
『関わらないようにしよって言ったじゃん!』
日向「まぁ、女子に見られてないし!」
キーンコーンカーンコーン
日向「じゃ、また放課後ね!」
『はーい』
、、、、
キーンコーンカーンコーン
『はぁ、、、、疲れた』
日向「あ!あなた!」
『ん〜???』
日向「今日放課後委員会だった!」
『えー、じゃあ、待ってるね』
日向「ごめんね〜、多分早く終わるから!」
『分かった〜』
『教室で待ってよ』
ガラガラ
黒田「あ!あなたちゃん!」
『ゲッ、、、、((ボソッ』
黒田「どうしたの???」
『いや、日向委員会だって言うから教室で待ってようと思って』
黒田「俺も今尚大待ってるんだ〜、良かったら来るまで話さない???」
『いや、良いです、、、、』
黒田「お願い!!」
『っ、、、、分かりましたよ、、、、』
黒田「あなたちゃんは俺の事嫌い???」
『嫌いって言うか、、、、なんでですか?』
黒田「嫌いって言うか???」
『黒田くんすごい人気だから話したら女子に恨まれると思って』
黒田「じゃあ、嫌いではないんだ!」
『嫌いではないですけど』
黒田「良かったーーーーー!」
『良かった、、、、?』
黒田「うん!俺嫌われたのかと思ってたから!」
『そうなんですか』
黒田「何で敬語なの笑タメにしてよ」
『無理でs』
黒田「ダメ!」
『分かったよ』
黒田「後、黒田くん呼びヤダ!光輝って呼んで?」
『いや、それは無理』
黒田「光輝って呼ばないと罰ゲームね!」
『光輝は流石に無理だから、光輝くんでもいい?』
黒田「うーーん、まぁいっか!」
『ハァ、、、、((ボソッ』
黒田「ねぇ、あなたって呼び捨てでもいい???」
『別にいいけど、、、、』
黒田「やった!!」
ガラガラ
日向「ここにいた〜」
織山「お待たせ〜」
黒田「2人一緒の委員会なの?」
織山「そうだよ」
『早く帰ろ〜』
日向「そだね笑笑」
黒田「えー、一緒に帰ろうよ!」
『何でよ!』
黒田「一緒に帰りたいから」
『無理って言ったら???』
黒田「落ち込む」
『もう!今日だけだよ!』
日向「いつからこんな仲良くなったんだろ((ボソッ」
尚大「俺も思った笑((ボソッ」
『日向!織山くん!早く帰るよ!』
日向・織山「はーい笑」
『何ニヤニヤしてんの???』
日向「いやー、別に?ね!尚大!」
織山「俺!?う、うん、別に何もないよ?笑」
『ふーーーーん?てか、いつから呼び捨てになったん???』
日向「今日の委員会で〜」
黒田「あなた!笑」
『何???』
黒田「呼んだだけ笑」
『何それ』
織山「クロちゃんも呼び捨てじゃーん」
『これは、仕方ない』
『じゃ、バイバイ』
黒田・日向・織山「バイバーイ」