無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

じゅうに




付き合って1ヶ月が経った
前まで付き合っても普通だった光輝が
ギュッ
黒田「あなた〜、大好き♡」
『ッ、、、、、ありがとう、、、、』
好きなはずなのに、、












甘えられると冷たくしちゃう、、、、





放課後
黒田「あなた、帰ろ!」
『あ、うん、、』
ギュッ
手を繋いでくる光輝
普通の人だったらこれでキュンと来るだろう
でも、私は違う
全く、キュンと来ない
別れた方がいいのかなとかたまに思う
でも、それは嫌だ


だって、好きだもん