第8話

初めてのあさごはん 2
995
2023/03/23 11:54
久堂清霞
久堂清霞
ここでは私の言うことに絶対に従え
私が出ていけと言ったら出ていけ
死ねと言ったら死ね
別に何ということもない
わたしにとって今までと変わらないこと‥‥
(なまえ)
あなた
はい
久堂家は異能持ちの家の中でも名家中の名家である 異能を受け継ぐ家は歴史も長くどこも名門で通っているが 久堂家はその中でも特に飛び抜けており筆頭と名が高い 爵位を有していて財産も莫大 各地に広大な土地を所有している 当主の名は久堂清霞 年齢は二七 帝大出身で卒業後難関の士官採用試験に合格 軍では少佐としてひとつの部隊を率いる立場だという そんな若く立派な人物で財もあるとならば さぞ豪勢な暮らしをしているだろうと思っていた けど想像に反し本邸から離れた郊外に質素な別宅を構え 静かに住まう生活をしていた
ふかふかの布団で眠ったからかしら疲れていないし体調もいい
(なまえ)
あなた
(ついいつもと同じ時間に起きてしまったけれどわたしは何をすればいいのだろう)
一般庶民の家ならともかく久堂家当主の妻とならばそれほど早くは起きないだろうし‥‥
ましては妻が自ら炊事や掃除洗濯はしない
名家の妻ならば花道や茶道を嗜むもの‥‥
でもわたしは何もできない
昔はやっていたがやめさせられてずいぶん経つ 習った内容もおぼろげで到底使い物にはならない
そもそも十分な教育を受けていないわたしが久堂家の女主人になどなれるわけもない ではわたしのやるべきことは?炊事をする嫁など久堂家当主の妻にふさわしくはないと思うけれど今のわたしにやれることはこれくらい それにふさわしくないのは初めからだったわ でも斎森家でしていたことが役立つとは思わなかった 斎森家ではわたしの食事は待っていても出てこなかったあの家でわたしは使用人でもなく家族の一員でもなかったから‥‥
ゆり江
ゆり江
あなたの下の名前さま?
おはようございますあなたの下の名前さま
(なまえ)
あなた
おはようございますゆり江さん
ゆり江さんは通いの使用人で旦那さまが幼い頃から親代わりに世話をなさってきたらしい
(なまえ)
あなた
あの‥‥勝手にしてしまって‥‥
ゆり江
ゆり江
勝手になんて滅相もありませんよ
むしろ奥さまになる方のお手を煩わせてしまい申し訳ありません
わたし余計なことをしてしまったかもしれない‥‥
ゆり江
ゆり江
あなたの下の名前さま
ゆり江はもうこんなしわくちゃの姿ですからお手伝いしていただいて助かりましたよ
ありがとうございます
(なまえ)
あなた
‥‥い え‥‥

プリ小説オーディオドラマ