無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

198
2020/12/16

第3話

キェェェェェェェェェェェェェ
作者☆
作者☆
キェェェェェェェェェェェェェ
お前☆
お前☆
うるさいっす
作者☆
作者☆
ぴえん🥺
あと操作方法がまだ曖昧なんで教えていただければ嬉しいです!
…………………………………………………………………………………………
お前☆
お前☆
…お気をつけて…
オスマンとぺ神
いって/きます/くるめぅ
バタァァァァァン☆
ぺ神
ぺ神
さて、、と
お前☆
お前☆
ぺ神
ぺ神
今度こそ説明して貰おうか…
お前☆
お前☆
ッッ!
ぺ神
ぺ神
改めて…何があったの?
お前☆
お前☆
えっと…
説明したお☆←え?早いって?小説のちかr(殴
ぺ神
ぺ神
そう…まっ知ってたけどね
だろうね…
だって『あの時』いたもん
……………………………………………………………………
回想だお☆
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
ねぇあなたちゃぁんちょっとぉいぃい?
【ねぇあなたちゃんちょっといい?】
お前☆
お前☆
?うん!いいよー
………
ぶりぶりの部屋(なんか臭s(殴)
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
アンタ調子乗んなよ?
お前☆
お前☆
え…?(うわっここ臭っ)
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
幹部様にチヤホヤされるのは私!
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
アンタは悪役なの!
ぺ神
ぺ神
ん…?!
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
ねぇこれ分かる?
お前☆
お前☆
え…カッター
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
そ。
見てて♪
ザシュ
ポタポタ
ぺ神
ぺ神
え?!
お前☆
お前☆
?!早くぺ神のとこにいk
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
きゃぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
みんな
どうした?!
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
うっ…あなたちゃんが…グス。・°°・(>_<)・°°・。
お前☆
お前☆
(は?○ね☆)
鬱先生
鬱先生
お前……見損なったわ
コネシマ
コネシマ
は?!何やってんあなた!
お前☆
お前☆
わ、私っやってn
ショッピ
ショッピ
うるさいっすクソ先輩
あなたがやるわけないじゃないっすか!
味方組
本当だよ。
バカ?
チーノ
チーノ
おいぶりぶり、俺はお前を見損なったわ…
ぺ神
ぺ神
ほんとだよ…俺見たし…(ボソッ
お前☆
お前☆
え?…
ぺ神
ぺ神
あなたちゃん…行こ…
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
チッ(分かれたか…あいつらもいつか私側に…)
…………………………………………………………………
お前☆
お前☆
(しゃーない…言うか…)
はい
ぺ神は見てたから分かりますね?
ぺ神
ぺ神
?!…バレてたかぁ
お前☆
お前☆
ぼそっと言ってましたからね…
ぶりぶり☆
ぶりぶり☆
たぁだぁいぃまぁあなたちゃぁん
【ただいまあなたちゃん】
お前☆
お前☆
お、、おかえり、、
グルッペン
グルッペン
〔あなた、至急総領室にくるように〕
お前☆
お前☆
え…(なんかやらかしたかなぁ)
味方組
え…(ついて行ってみよ…)
気をつけーや…
お前☆
お前☆
う、うん
…………………………………………………………………………………
総領室だお☆←え?早いって?小説のちk(殴
コンコッココンコンコン
お前☆
お前☆
マシンガン作〜ろー♪
グルッペン
グルッペン
誰だゾ
お前☆
お前☆
あなたです。
グルッペン
グルッペン
あぁあなたか、入れ
ガッッチャアアアア☆
扉を開けたら
トントンとロボロがいた。
お前☆
お前☆
(ゾムたちがいない…てことは、殴られない?!)
トントン
トントン
あなた…
トントンとロボロ
すまなかった!!
お前☆
お前☆
え…え?!
お前☆
お前☆
何のことでしょうか…?
ロボロ
ロボロ
え…俺ら『無能』って言ってたやん?
お前☆
お前☆
……あぁ
ロボロ
ロボロ
あれな、監視カメラを確認したんよ
ロボロ
ロボロ
その時トントンもいて一緒に確認したらあなたは悪くなかったっちゅーことがわかってん
トントン
トントン
ほんでワイらは謝りに来たんよ
お前☆
お前☆
……え?
別に怒ってませんよ?
今は
お前☆
お前☆
謝ってくれましたし…
トントンとロボロ
ええんか?!
お前☆
お前☆
はい…
グルッペン
グルッペン
やっぱりあなたは優しいんだゾ!
一件落着☆
お前☆
お前☆
それでは失礼しました。
…………………………………………………………………………………………………
作者☆
作者☆
また変なとこで切ったお☆
シャオロン
シャオロン
きっしょ
みんな
いや草
お前☆
お前☆
それはそうと…それでは
みんな
バイバイ!