無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話
(なまえ)
あなた
あ、、、紫耀の方が好きだよ!!
紫耀
紫耀
俺?
(なまえ)
あなた
そう!
紫耀
紫耀
ありがとう〜
ギュッ
紫耀
紫耀
あなた大好きだよ
(なまえ)
あなた
私も大好きだよ
バン
(なまえ)
あなた
なに!
紫耀
紫耀
怖いから早くこっちに逃げよう
(なまえ)
あなた
そうだね!
紫耀
紫耀
あなた(小声)
(なまえ)
あなた
なに(小声)
紫耀
紫耀
あのさ押し入れの中入れる?グッズをちょっとどかして(小声)
(なまえ)
あなた
いいよ(小声)
紫耀
紫耀
どかしたから押し入れの中入ろうか(小声)
(なまえ)
あなた
うん(小声)
バァン
(なまえ)
あなた
紫耀ごめん足打った(小声)
紫耀
紫耀
やばいバレちゃうよ(小声)
(なまえ)
あなた
やばい足が動かない(小声)
紫耀
紫耀
じぁ俺の後ろに乗って(小声)
(なまえ)
あなた
でも、高さがありすぎるよ(小声)
紫耀
紫耀
いいの(小声)
(なまえ)
あなた
じぁお言葉に甘えて(小声)
ー押し入れの中ー
(なまえ)
あなた
あのさ付き合っても無いのにこれは流石にアウt
紫耀
紫耀
じゃないよ
紫耀
紫耀
だってあの時俺の方が好きてっ言ったじゃん、しかもあなただって大好きてっ言ったじゃん
(なまえ)
あなた
シッ
(なまえ)
あなた
誰か来てる
(なまえ)
あなた
お母さんは今出かけてるから
紫耀
紫耀
変な人がいるの?
(なまえ)
あなた
そう
(なまえ)
あなた
(なんか今の紫耀可愛いんだけど)