無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

32話
ここは…この小さなステージは…確か
(なまえ)
あなた
(あれ…みんな…)
草薙 寧々
草薙 寧々
…大丈夫?
身体を起こすとみんなが心配そうに私を取り囲んだ。

いや…心配なんてそんなこと
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
よかった…心配したよ…。
(なまえ)
あなた
こ…こはねちゃん…泣かないで…。
目を腫らすこはねちゃん。
(なまえ)
あなた
………心配…してくれたの?
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
当たり前だよ?
そっか

私…心配されてたんだ。
(なまえ)
あなた
ごめん…ごめんなさいっ…
気づけば涙が溢れて膝から崩れ落ちていた。
白石 杏
白石 杏
ちょっ何で泣いて…
神代 類
神代 類
……。
みんなは…私を信頼してくれてたのに…。

私は…みんなを…違う。

自分から心を閉ざしてて…。
天馬 司
天馬 司
…今日はもう遅いし帰るか。

余計なことをしたようですまなかったな。
(なまえ)
あなた
ううん…嬉しかっ…た…ありがとう。

えっと…司先輩?
天馬 司
天馬 司
(せ…先輩‼︎)
冬弥くん確か先輩って言ってたし…

先輩には先輩呼びの方がいいのかな?
鳳 えむ
鳳 えむ
それじゃあ…わんだほーい!
青柳 冬弥
青柳 冬弥
わんだ…ほーい?
そんな整った顔でんなこと言ってたら

そりゃ学校でモテるわな…今頃実感湧いたわ。
東雲 彰人
東雲 彰人
とにかく帰るぞ?

お前もだ。
(なまえ)
あなた
ま…待って自分で歩ける…!
東雲 彰人
東雲 彰人
途中まで送る。

家どっちだ?