無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

59話
(なまえ)
あなた
はい?
待て落ち着くんだ私…頭の中を整理しよう。

彰人くんの家に泊まる…えななんに会える⁉︎
(なまえ)
あなた
え…ん…そゆこと…?
いや行きたいのは山々だけど色々迷惑ですよね⁉︎

自分で言うの恥ずかしいけど年頃の男女2人きりは…
東雲 彰人
東雲 彰人
ちゃんと交代制だ。

まぁ元々はずっと俺ん家だったけど…
(なまえ)
あなた
交代制?
ビビバスのみんなの各家に2日ずつお泊まりするらしい。

みんな許可はもらっているみたいだけど
(なまえ)
あなた
(何で当の本人の確認が1番最後なわけ…)
白石 杏
白石 杏
まぁずっと彰人の家じゃ堅苦しいでしょ?
東雲 彰人
東雲 彰人
なんだよその言い方…気に食わねえ。
杏ちゃんから小さい鞄を渡される。

お泊まりに行く準備をしろってことかな?
白石 杏
白石 杏
はい男子軍は部屋から出る。
杏ちゃんは部屋の外へと男子を追い出した。

その間に着替えなど日用品を入れる。
白石 杏
白石 杏
あこれも持って行ってよね!
杏ちゃんから渡されたのは一冊のノート。

何やらたくさんの文字が書かれている。
(なまえ)
あなた
うん?分かった。
そのノートがなんなのか疑問に思いながらも

鞄に詰め込んで部屋を出た。
(なまえ)
あなた
準備出来たけど…
東雲 彰人
東雲 彰人
さっさと行くぞ

ちなみに両親は今は不在だ。姉だけいる。
今日から2日…

大丈夫2日って思ったよりも短いし。

何事もなく終われますように。