無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話
冬弥くん視点でお送りします。
青柳 冬弥
青柳 冬弥
…ただいま。
部屋に帰るなり早足で自分の部屋に閉じこもる。

ベットに横になってネット記事を見る。

ユニットを組んで歌っていると

段々と流行りに敏感になってきたような気がする。
青柳 冬弥
青柳 冬弥
(もう始まってるな)
YouTubeをつけライブ配信をつける。
ほむ
ほむ
あ…あー…マイク…録音…OK。
一言喋るとチャットにコメントが凄い勢いで流れ出す。

最近進出したばかりの新人歌い手…踊り手。
ほむ
ほむ
チャットで質問くれたら返していくよ〜。
男性にしては高い。

女性にしては低い。

中性的な声が小さな画面越しから部屋に響く。
ほむ
ほむ
質問コーナーは終わり…次は歌枠かな。

何歌って欲しい?
「ほむくん声が両性類だからね」

「乙女解剖歌って〜!」

「DAYBREAK FRONTLINE聴きたい!」

「ほむくん英語分かるしヒバナとか!」
ほむ
ほむ
じゃあ…全部歌っちゃお!
「かっこいい〜!」

「すっごい惹かれる…」
ほむ
ほむ
そういえば今日ねカフェに行ったんだけど…

そこでめっちゃ歌上手い子たちがいてさぁ!
ほむ
ほむ
羨ましいなぁって思ったんだよね。
ほむ
ほむ
僕も堂々と人前で…。
画面越しに表情を暗くする。
ほむ
ほむ
じゃあ…雑談混じり歌枠?配信終わり!
ほむ
ほむ
見てくれてありがとね〜。