無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

93話
小さな狭いステージに立ち目の前に座る男の子を見た。
ほむ
ほむ
君が…?
まこと
まこと
本…違…そうです!
一瞬何か聞こえたような気がしたんだけど…。

《本物》だとか《違う》とか…
スタッフ
最近イベントへの出演依頼が多くて…

スケジュール管理の役人でもと…
大量の付箋が付いた大量のプリント。

大手の業界が関わっているイベントもある。
まこと
まこと
僕は荒木まことっていいます。
ん…荒木…荒木……柚亜⁉︎

確かクラスで虐められてた時に

その虐めっ子と教室2人きりの時柚亜が入ってきて…
荒木 柚亜
荒木 柚亜
忘れ物〜
忘れ物とか言って引き出し漁って…(←46話参照

弟の求人バイトだとか言ってたような気がする。

もしかしたら柚亜の弟…
ほむ
ほむ
荒木柚亜の弟くん?
まこと
まこと
そうです!

あれ…けど何でお姉のこと…
ほむ
ほむ
えぇと…ほむくんは物知りだからね
まこと
まこと
そうなんですか?
あのキラキラな瞳は誤魔化せたかな 

お姉(柚亜)と仲良い自分が実はほむ君だなんて

誰も信じないだろうからね。
まこと
まこと
僕…将来の夢はマネージャーで
ほむ
ほむ
そっか

なら夢への第一歩ってわけだね
ほむ
ほむ
けど僕割と忙しいよ?
まこと
まこと
だ…大丈夫です!
ほむ
ほむ
じゃこれからよろしくね
まこと
まこと
はい!