無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18話
彰人くんは帰りに駅前の店に寄った。

何を買うのかと思ったら

彼は小さなチーズケーキを3つ買った。
東雲 彰人
東雲 彰人
こっち。
店の外に出ると彼はベンチに腰掛けた。
(なまえ)
あなた
…。
ネクタイにブレザーの中に着たパーカー。

大人な体格はやっぱり男子高校生だ。

そしてどこか子供らしさを感じるキラキラ光る瞳は…
(なまえ)
あなた
…子どもだ。
東雲 彰人
東雲 彰人
おい声漏れてんぞ。
隣に座れと言わんばかりに彼はポンポンと叩いた。

私は大人しく座ると彼はチーズケーキを差し出してきた。
(なまえ)
あなた
食べてもいいの((
東雲 彰人
東雲 彰人
食べたらダメなら渡さねぇ。
スプーンを受け取ると私はチーズケーキを口に運んだ。
(なまえ)
あなた
‼︎……美味しい
とても濃厚な味。

コクがあってクセが強くなくて…食べやすい!

さっぱり酸味と最高の口あたり…。
東雲 彰人
東雲 彰人
これ持ってけ。
(なまえ)
あなた
え?
東雲 彰人
東雲 彰人
あいつ…チーズケーキ好きなんだよ。
絵名さんはチーズケーキ好きなんだろうか。

確かによく写真とか載ってる気がするけど…。
(なまえ)
あなた
私ね絵名さんの絵の垢大好きなんだ〜。
東雲 彰人
東雲 彰人
ふーん…。
(なまえ)
あなた
ニーゴっていう音楽投稿のグループ知ってる?
(なまえ)
あなた
そのグループの曲の絵がね

ある人が投稿される絵と似てて…
東雲 彰人
東雲 彰人
とにかく行くぞ。