無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話 プロローグ
涼しい風。

目を開けば綺麗なアクアマリン色の海。

「僕」は砂浜に立っていた。
(なまえ)
あなた
(明日…転校…)
寂しくなっちゃうなぁ…。

せっかく頑張って友達とか…たくさん作ったのに…。
(なまえ)
あなた
(もう1人にはなりたくないよ…)
負の感情が荒波のように押し寄せてくる。

友達がいた時は楽しかった。

けど1人になった途端に…悲しくなる。
(なまえ)
あなた
あ〜嫌だ嫌だ。
気分転換に僕はポケットからスマホを取り出した。
(なまえ)
あなた
へぇ…音楽が人気なんだ。
転校先の街並みを調べていると

音楽に関する情報がたくさん出てきた。

音楽が有名な街なのかな。
(なまえ)
あなた
僕はダンスの方が好きだけど…ね。
ついでに転校先の情報を調べてみる。

もしかしたらダンス部とかあったりして…。

音楽に有名(多分)な街の中にある高校だもん。

音楽に関する事なら…。
(なまえ)
あなた
神山高校だったかな。
神山高校…検索っと。

へぇ…割と評判悪くはない…。
(なまえ)
あなた
あーダンス部さすがにないか…。
まぁ家で趣味で踊ればいっか。

波の音を背に駅へと向かった。