無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

95話
(なまえ)
あなた
私お手洗い行ってくるね。
※彰人くん視点でお送りします
東雲 彰人
東雲 彰人
(待て待て待て)
あなたが使ってたあのフォーク…。

つまりは間接キ…考えたら負けだ負け。

考えるな…よく考えたら考える必要がない。
白石 杏
白石 杏
彰人〜?

間接キスしてたよねぇ?
たしかに俺の前にあいつ一口食べてたな…

よく考えたら…白石の言う通りだが…
東雲 彰人
東雲 彰人
それを言うなら…冬弥もだぞ?
呆れ気味に言うと小豆沢がふと声を上げた。

いや呆れ気味に言うつもりは一切なかった。

ふと自然にそんな声が…
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
彰人くんが食べた後に

あなたちゃんまた一口食べてたね。

それでその後に冬弥くんが食べて……//
で冬弥が口をつけたフォークで小豆沢が…

まぁ言っても面白そうだけど…

わざわざ言うつもりはねぇな。
青柳 冬弥
青柳 冬弥
どうかしたか小豆沢?
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
ううん。何でもないよ。
白石 杏
白石 杏
こはねみたいな小動物には…

少し大人なお話だったかなぁ〜♪
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
わ…私お手洗い行ってくるね。
白石 杏
白石 杏
私も行こ〜♪
白石と小豆沢が出て行くと

俺と冬弥2人きりになった。

というか謙さんどこ行った?
東雲 彰人
東雲 彰人
(こいつと2人きりは色々と気まず…)
なんで気まずいんだ?

別に何もなかったはずだろ?

何で気まずいんだ
青柳 冬弥
青柳 冬弥
……嫉妬か?
東雲 彰人
東雲 彰人
は?
青柳 冬弥
青柳 冬弥
悪いが俺も…手は抜けない。
冬弥はお手洗いに行ってしまった。

俺は冬弥を追いかけた。