無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

45話
(なまえ)
あなた
(準備OK…行ってきます)
私はいつも通り教室に入る。

室内はやたらと賑わっていた。

まぁ賑わってるって言ってもいい意味ではなくて…
クラスメイト
ねーねーこのイベ出てたって本当?
クラスメイト
あなたってまさか…ほむくん?
(なまえ)
あなた
ううん違う。

何かの間違いじゃないの?
虐めてきた奴はすぐに態度が変わる。

本当に苦手なんだけど…。
クラスメイト
えぇ〜そうかなぁ?

じゃあこれ聞いて。
クラスメイトがポケットからスマホを取り出した。

そして再生ボタンを押すと聞き慣れた声が流れる。
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
あなたちゃん凄い…‼︎
クラスメイト
東雲くんと青柳くん見つけた!

って思ったら気になる発言が聞こえてさぁ。
(なまえ)
あなた
えぇ…誰かとの間違いでは…。
クラスメイト
私見たんだからね。

この前校門前で神代先輩たちと集まってるの…
フェニックスワンダーランドに行った時…?

てかあれほとんど無理矢理なんだけど。
クラスメイト
どうせあのビビバスやらと

馴れ合ってるのアンタくらいだしぃ…?
(なまえ)
あなた
い…いやぁ…違
クラスメイト
まだ言い逃れすんの?
クラスメイト
まぁいいや…。
そう言ってクラスメイトは私の横を横切っ
クラスメイト
今日の放課後…教室残っとけよ。
耳元で囁いて彼女は消えてしまった。