無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30話
個室
ユナ
ユナ
ねぇ、あんたさっ調子乗りすぎなんだけど、
あなた

別に私は調子乗ってないし、アンタが乗ってんでしょw

ユナ
ユナ
あ?海人くんと岸くんに信じてもらったからって調子乗んなよ!!
(蹴る)
あなた

痛った....、

ユナ
ユナ
これからももーーと、いじめてあげるね!
あなた

ッ....。

ユナ
ユナ
苦しそーだから今日はここまで♡じゃあー紫耀くんや廉くんと仲良く話してくる~♡
あなた

....。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Ayame☆
Ayame☆
中一です! フォローよろしくお願いします! 最初に出してる小説とかめっちゃ下手です!笑笑
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る