無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14話
さーちゃんside
自動販売機から帰ってきて楽屋入ろうとしたらユナの泣き声がした。
喧嘩をしていた様だった。
その内容はユナがあなたにいじめられている。だった。
あなたはそんな人じゃない。そんなことする人間じゃないと心の底から言ってる。

でもメンバーはいじめられていると言ってるユナをかばってる。
大切なメンバーよりぶりっ子のメンバーを助けるなんて馬鹿らしい。

私は何があってもあなたを助ける。




















私は信じてるよ_____。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Ayame☆
Ayame☆
中一です! フォローよろしくお願いします! 最初に出してる小説とかめっちゃ下手です!笑笑
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る