無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

171
2021/09/16

第37話

34
五条side


五条悟
五条悟
あなたの様子が変?
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
そーなのよ。心ここに在らずって感じで呼んでも反応しないから
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
見てこいよ
五条悟
五条悟
野薔薇...真希に似てきたねぇ
五条悟
五条悟
いいよ。僕に任せなさーい









五条悟
五条悟
あなたいるー?



ノックしても返答なしか





入っていいかな





入っちゃお((





五条悟
五条悟
...何してんの
(なまえ)
あなた
......




そこにはカッター持って突っ立てるあなたが居た





何をしようとしてたのか想像もしたくないけど





黙ってカッターを取り上げソファーに座らせる




(なまえ)
あなた
ごめんなさい
五条悟
五条悟
はー、なんで自傷してたのか知らないけど、謝られても困るよ
五条悟
五条悟
なんかあった?



こくりとも頷かないのを見て



相当な何かがあったんだなと頭を撫でた




恵と同じくらい小さい頃から見てきたし





僕にだったら話してくれるかなとか思ったけど





まだ難しいかな...




そう思ってたらすこし口を開いた




でもまた口を噤んで俯いてしまった


五条悟
五条悟
あなたがこうなる時は決まって傑の事だから傑関係かな
五条悟
五条悟
僕のためを思って何も言わないならそれは違うよ。それじゃあなたの為になってない
五条悟
五条悟
あなたは僕の生徒でもあるんだから先生の僕にいってごらん?
(なまえ)
あなた
......傑さんに会ったの



「聞いてるかもしれないけど」とボソボソと呟く




(なまえ)
あなた
報告書には、傑さんに会ったことは書かなかった。真希達にも黙ってもらった、だからごめんなさい。私どうしてもあの人が息をしていたって事が信じられなくて、死んでるのにね。引き止めることも問い詰めることも出来なかった
(なまえ)
あなた
私は周りが思ってるほど強くないし、術式だって傑さんには劣る
(なまえ)
あなた
五条先生に言うか、迷った。私より一緒にいた人が私より辛くないわけがないってのは私も知ってるから
五条悟
五条悟
そうだね
五条悟
五条悟
さっきも言ったけど僕のために自分を苦しめる行動はよろしくないよ。謝らなくてもいい
五条悟
五条悟
傑の事は僕も気づいてやれたら良かったんだけど。あいつあんまり自分のことどうとか言わないからなぁ、最初は恨んだよ、何も話してくれないあいつを



そうだ





あの時気づいてやれたらあんな風な最後は防げたかもしれない





でも今更後悔したって傑が戻ってくるわけじゃないから





それはあなたも分かってるはず


五条悟
五条悟
ま、だからといって綺麗事じゃ済ませるほど僕はいい人じゃないからね。上のやつらがぜーんぶ悪い!
(なまえ)
あなた
今も?
五条悟
五条悟
ん?




(なまえ)
あなた
今も傑さんを恨んでる?








五条悟
五条悟
恨んでないよ
(なまえ)
あなた
そっか
(なまえ)
あなた
私も