無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

.
とは言ってもまあそうはいかずㅋ










案の定授業中ノートの端っこにテヒョンの名前書いてみたりしてます











テヒョンからそういう話、ずっと一緒にいたけど一切聞いた事なかったから油断してたなあ。










授業中だけどこっそりスマホを出してテヒョンとの写真を見返してみる










テヒョンのファイルあるくらいテヒョンの写真だらけのわたしのスマホ











今まで積み上げてきたものなんだったんだって感じだなあㅋ










ポタッ












気づいたら机の上には水滴が1粒










ああ泣いてるんだ私










どうしよ、授業中なのに










??「あなた大丈夫か?」










呼ばれて見上げたら











そこには最近仲良しの筋肉うさぎ











🐰「せんせーい、あなた体調悪そうなんで保健室連れていきますね」











たまにはいいとこあんじゃん筋肉うさぎよ











こっちを心配そうに見るテヒョン










それすらも嬉しくなる私末期じゃん?