無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

.
あ、私ら高二ね?











驚きとショックは止まらないが聞きたいことは聞いとく☆











🍏「で、誰?」











🦁「あなたちゃん。1組の。」


















なんでよりによって私と同じ名前の奴なんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお










メンタル崩壊(´・∀・`)










🍏「いつから?」










🦁「こないだの体育祭かな。写真撮ってって言われて一緒に撮ったんだけどさ、その後にめっちゃ笑顔でありがとうって言われてキュンってしたっぽいわ。
俺って恋する乙女♡キャ───(*ノдノ)───ァ」












いや、キャラ崩壊してっからやめい
(  '-' )ノ)`-' )バシッ












楽しそうに話してるテヒョン見てたら










私に勝ち目なんて無いっぽい










こうなったら











全力でテヒョンとあなた?引っつけてやるっ









自分の恋が叶わないならせめて、幼馴染としてテヒョンの恋応援しよ、私切り替え早い、えらいえらい。