無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

17
2020/12/09

第9話

9つ目の星
「次はね………水瓶座だよ」
なんだか次の星座を言うまで少し間が開きすぎているように感じた


何時間も聞いている少女にとってはこの間がなんだか不思議だった
「…?……」
少女は少し止まってしまった
「ど、どうしたの…?」
少年は少女が急に止まったので何かしたのかな。と疑問を持ち、少女に聞いた
「ううん、なんでもない。早く話して!」
少年の心配もなかったかのように少女は続けた
少年も大丈夫だよね…と思いながら話を進めた
「水瓶座はね…」
ゼウスはある時地上を眺めていたんだけど、そこでガニュメデスを見つけて、ゼウスは傍に置きたい!と思ったんだ


その後ゼウスはオオワシになってガニュメデスを捕まえて、ガニュメデスを不老不死にしてしまった
そして、神々の食卓でガニュメデスは美酒を注ぐ役を与えられたんだ


水瓶座は食卓で美酒を注ぐガニュメデスの姿と言われていているんだよ
「なんか短い?そんなことないか?」
少女はさっきまで話していた神話よりもすごくまとめて話しているような気がした
「そ、そんなことないよ」
少年は少し動揺したあと、そう言った
確かに、前に話した神話よりも短いのだ
「ん〜そっか。じゃあ次のお話聞かせて!」
少女は少し違和感を抱きながらも、次の話が聞きたい。と少年に目を向けた
「えっとね…つ、次は…」
少年もまた少女に目を向け話し始めた
ーーーーーーーーーーーーーーーー
こんばんは一夜です
今回は水瓶座でしたね。私の弟が水瓶座なのでなんだか知っていて得をした気分です
皆さんの星座はなんですか?私は双子座です
この小説が完結した時には大体の星座の神話を話そうかな。と思っています
よかったらコメントください
それではまた次の夜に