無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

7
2021/02/23

第14話

14つ目の星
あれから何日…いや、何ヶ月経ったのだろう

少年はあの日帰ってきてからもずっと働かされ、殴られ今に至る
「もう抜け出したい…」
あの日はほんとにたまたまだったのだ

あいつがいなかったから実行でき、抜け出せたのだ


でも今はどうだ

全くと言っていいほど隙がないそんなに暇なら手伝ってほしいものだ
でも、少年は知っていた




























































































この後、自分は海外に行くことを







あいつの仕事上、少年も行くことになってしまったんだ
少年もいつ帰ってるくのか検討がついていないんだ




































その後
少女お別れの言葉も言えずに少年はこの国を出た
次にいつ会えるのかも分からずに




































そしてこの少年も誰かに見られていることを知らなかった
ーーーーーーーーーーーーーーーー
こんばんは一夜です
リア友に少年目線を書いて欲しい!と言われたので書きました
あんま考えてなかったんで短くなってしまいすみません
少年と少女のこの後が楽しみですね
それではまた次の夜に