プリ小説

第4話

5人にまた昨日と同じ秘密基地のような所に連れていかれた。
あなた

ちょっと!!何すんのほんと!

マリウス
ごめんね~風磨くんがどうしてもって言うんだもん
風磨
はぁあ?!
健人
まぁまぁ、どーしてもあなたちゃんに手伝ってもらいたいんだ
あなた

無理だから。そもそも演技なんて出来るわけないし、そんなことに付き合ってる暇ないから。

勝利
そんなことって
あなた

そんなことだよ。私は5人のことなんも知らないし、連れてこられただけ。迷惑だから

そんな…
私、ひどいこと言ってる。
分かってる。分かってる。のに
風磨
逃げてんだろ…
あなた

は?

風磨
ちょっと来い
あなた

やめてよ…ねぇ、ちょっと!

風磨は私を車に乗せて、どこかに向かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🌹ころも🌹
🌹ころも🌹
ころもです✨ 初めてですが、頑張ってあげるのでよろしくお願いします!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る