第39話

🌱
2,853
2022/09/04 15:00




もし、私が可愛い妹に産まれてたなら



もし、私が話すことが大好きだったら



もし、私が素直な妹でいれたなら



もし、私が笑顔な子でいれたなら








神代 あなた
        





言葉も息も何も出来なくて、ただ無な時間を送った






初音ミク
あなた…、






いっその事皆の記憶から消えてしまいたい






やっぱり私はダメな子だった






セカイは、星に照らされている海の音が静かに鳴っている






その音は何もかも無かったことにしてくれそうで







ただ、私はそっと目を瞑った








神代 あなた
……ねぇミク
初音ミク
…なに?
神代 あなた
もし私がこんな性格にならなかったら
みんなに迷惑かけないで生きていけたのかな
神代 あなた
もし私が学校に行けてたなら
こんなことにはならなかったのかな
神代 あなた
類は…私のこと好きになってくれたのかな






誰もいないところで消えても






きっと誰も悲しまない








初音ミク
わからない
初音ミク
でも、あなたは変わってきてたよ
初音ミク
……また蓋をしてしまうの?
神代 あなた
しなきゃダメなんだよ
神代 あなた
……いつのまにか、スーって
大事なものが流れていっちゃう感覚がして





私がみんなに愛される主人公だったらよかったのに



どんな映画でも所詮私は脇役








きっと、そんな映画はエンディングまで見れないだろう










神代 あなた
逃げたくない……
神代 あなた
逃げたく…ない、のに……






「お前はいつも逃げてばかりだ」







「僕は君を妹だと思ったことはないよ」







「お前はいつも」







「僕は君を」







神代 あなた
やだ……
神代 あなた
やめて…





これ以上、私を惨めにしないで










初音ミク
あなたはどうしたいの?
初音ミク
戻ってみんなの前で歌う?
神代 あなた
無理だよ
神代 あなた
げんじつに戻っても帰る場所なんてない
神代 あなた
私はもう消えた方がいい
神代 あなた
…出来ることなら






救われたかった









神代 あなた
う"ぇ"っ……ぉ"ぇ"っ……、
神代 あなた
はぁっ…もうやだ…また
神代 あなた
また " あの時 " と同じなのはもう嫌だっ
初音ミク
これ以上苦しみたくないなら
ここにいればいい
初音ミク
でもあなた、なにか起こさなきゃ
何も変わりはしない
初音ミク
…私はそう思うよ
神代 あなた
ミクまで私を拒むの…?
神代 あなた
へへ……




乾いた笑い声は波の音で溶けていった







初音ミク
でも、私はいつでもあなたの味方
初音ミク
私はあなたのこと分かるから
初音ミク
あなたは変わりたいんでしょ
神代 あなた
そんなの、怖くて変われないよ
神代 あなた
変わったら周りがなんて言うか分からない
神代 あなた
うざい?消えろ?死ね?
神代 あなた
もう聞き飽きたんだよ
神代 あなた
私はっ…
初音ミク
……
神代 あなた
変わりたくても、1番変われないんだよ
神代 あなた
怖くて怖くて
神代 あなた
もう消えたいんだよ…!





そうだ、私の本当の思いは変わりたい、んなんだ






誰よりも変わることを怖がってるくせに






本当の思いがそれなら私はもう







消えるしかないね








セカイに流れる雲はそっと、光を放っている月を覆い隠した







𝕟𝕖𝕩𝕥➯➱➩








プリ小説オーディオドラマ