第56話

オリジナルエピソード🎄
44
2022/01/11 12:00
明日は12月24日。私には子供の頃のように

クリスマスで喜ぶ気力がかけていた。
小山世奈
小山世奈
鈴が鳴ってる…
なる訳ない鈴の音に耳を傾ける。

でもいくら耳をすまして見ても聞こえるはず

なんてないのだから
日々野哀
日々野哀
世奈?
小山世奈
小山世奈
あ、なに?
日々野哀
日々野哀
もう、私の話聞いてなかったでしょ
小山世奈
小山世奈
うん、ごめん
もう1回
日々野哀
日々野哀
だから、せめて明日には
アイツにクリスマスプレゼントを
渡したいんだって…!
小山世奈
小山世奈
でも、時間を作れるか
分からないということね
日々野哀
日々野哀
うん…
小山世奈
小山世奈
付き合ってるんだし
多分心配しないで大丈夫
なんじゃない?
日々野哀
日々野哀
…それでも、迷惑じゃないかとか
考えたりするんだよ
小山世奈
小山世奈
哀の気持ちは充分 
彼に伝わってるしさ
彼女からのプレゼントなら
きっと嬉しがるって
日々野哀
日々野哀
…うーん
小山世奈
小山世奈
…もー、イライラする
(連絡しよ)
日々野哀
日々野哀
…会いたいな
小山世奈
小山世奈
会えばいいやん
(お、返信きた…早)
日々野哀
日々野哀
でもきっと忙しい…
小山世奈
小山世奈
(迎えに来い…と)
きっと大丈夫だって
日々野哀
日々野哀
ピロン)
日々野哀
日々野哀
…新着通知?
哀はスマホを手にし、通知を開くと

驚いた表情をしぬがらも嬉しそうにニコッと笑った
日々野哀
日々野哀
…ごめん、世奈
私さ今から彼の所に…
小山世奈
小山世奈
行っておいで
今日の埋め合わせは
後日って事にしてさ
日々野哀
日々野哀
…ありがとうっ!
行ってくる!
荷物をまとめてお店を後にする。



私は微かにホッとした。友人が安心した顔に

心が落ち着くようになったからだ
小山世奈
小山世奈
(…さて、私も帰るか)
店を後にした私はおおきな橋を渡り、遠くに

見える大きな観覧車を眺めた。
小山世奈
小山世奈
…………
明日はクリスマスイヴ…。

友人のように一緒に過ごす相手はいないけど

もうその寂しさとはお別れしたの。



スマホのカメラを起動し、向こうに見える

観覧車を撮影してその場を後にした。
小山世奈
小山世奈
…せめて1人の日記として
イン○タに載せようかな
…投稿完了と。




街中はイルミネーションとクリスマスの

曲と共にサンタクロースが飾られている。
小山世奈
小山世奈
…あ、詩音からLI○E
高橋詩音
高橋詩音
明日はクリスマスだけど
みんなで集まんの?
小山世奈
小山世奈
あぁ、忘れた…
高橋詩音
高橋詩音
まぁ、今年はみんな無理そうだけど
小山世奈
小山世奈
だよね
高橋詩音
高橋詩音
ワイも明日は別の用があって
難しいからさ…
小山世奈
小山世奈
うん、わかってるよ。
今年はみんな別々で過ごそう
高橋詩音
高橋詩音
せやね、じゃぁ
良いクリスマスを…
…いいクリスマス、なんて知らない
小山世奈
小山世奈
…せっかくだし、展望台
登ろうかな
無意識に歩いていた先には街の景色が一気に

見物出来ることで有名な場所だった。


ここ、3年ぶりに来たけど…人が少ないのは

前も変わらず何だなぁ…
小山世奈
小山世奈
その前に写真、と
展望台の中はクリスマスツリーが大きく

飾ってあって、周りは近くの保育園の子達が

描いたサンタクロースのイラストが

たくさ貼ってある。



松ぼっくりに飾り付けしたり、大きな人形を

作ってみたりと作品が並べてある。

一つ一つ名前が貼られていたり、掘られていたり

まるで思い出を忘れないようにする為に…。
子供たちの作品を見ながらエレベーターに

乗り込み、目的の階のボタンを押す。
小山世奈
小山世奈
…えっと、ガラスの階は、、
25階かな?
エレベーターは乗り込むと奥がガラスとなり

外がみれるように作られている。

ガラスに触れると、とても冷たい。

チンと鳴り、目的の階に到着すると薄暗い

部屋がまっていた。



こんな寒い日なんだもの。人なんて来ない

だから暖房がついた階で1人長々と

外の景色を堪能出来るのだ。
小山世奈
小山世奈
…あれは○○ビルかな
ガラス張りになっているから、外の景色が

見物できるようになっている。


あぁ、道路を走る車のライトが流れている。

皆家に帰って家族や友人、大切な人とこの夜を

笑いあって過ごすのかな…





ゆっくりと動くエレベーターから外を眺め

チラチラと白く光る雪が降るのを見つめるだ。
部屋から小さく流れるクリスマスソング

…真っ赤なお花のトナカイさん、、
小山世奈
小山世奈
私のところにも、、
プレゼント持ってきてくれないかな
もう大人だから難しいけど…


ピロンッ
小山世奈
小山世奈
(通知…)
哀からメッセが来てる…
日々野哀
日々野哀
世奈、ありがとうっ!
彼に渡せたよ
小山世奈
小山世奈
そう、良かった
日々野哀
日々野哀
これから彼の家で
クリスマスケーキ
食べるんだ!
小山世奈
小山世奈
へぇ、いいじゃん
日々野哀
日々野哀
世奈は何してるの?
家に帰って家族といる?
…ためらった。
家族とは離れて暮らしてるから会わないし


家族にも他の友人らにも今日は別の人と

過ごすんだって嘘をついてしまったから
小山世奈
小山世奈
うん、ケーキ食べるの
日々野哀
日々野哀
そっか!良かった
小山世奈
小山世奈
(良かった?)
日々野哀
日々野哀
世奈、ちょっと落ち込んでる
ように見えたからさ…

心配してたんだけど、大丈夫
みたいだし良かったの
小山世奈
小山世奈
…(あ)
顔に出てたんだ、恥ずかしい
日々野哀
日々野哀
じゃぁ、またね
メリークリスマス🎄
小山世奈
小山世奈
メリークリスマス🎅
一緒に過ごす人なんて、、もういないよ

嘘ついてごめんね
小山世奈
小山世奈
(私も、吹っ切らないとかな)
その時、エレベーターの開く音が聞こえてきた
小山世奈
小山世奈
(嘘、人?)
あまり人に会う気はしないし、、

隠れようかな…
???
世奈?
小山世奈
小山世奈
(え?)
私の後ろから名前を呼ぶ声、振り返ると

知ってる顔があった。
???
久しぶり
小山世奈
小山世奈
ど、どうして君がここに
背の高いスーツを着込んだ男性は

私の小学校の時の同級生だった
小山世奈
小山世奈
凛斗だよね?
澤 凛斗
正解
小山世奈
小山世奈
君がここに来るなんて珍しい…
スーツって事は会社帰り?
澤 凛斗
ううん
小山世奈
小山世奈
え?じゃ、
澤 凛斗
お見合い〜
小山世奈
小山世奈
はあ??
澤 凛斗
嘘嘘w、ただの合コン帰り
小山世奈
小山世奈
なんか似たかよったかの話
小山世奈
小山世奈
合コンなんて…彼女でも欲しいの?
澤 凛斗
いや、人数合わせだよ
澤 凛斗
別に合コンしてもさ
出会いは無いじゃん
小山世奈
小山世奈
いや、あるかもよ?
澤 凛斗
俺はあまり参加したくないから
小山世奈
小山世奈
ふーん…
小山世奈
小山世奈
あ、好きな人がいるとか?
澤 凛斗
………
小山世奈
小山世奈
え、無視?それとも図星?
澤 凛斗
さぁ…
澤 凛斗
そういう世奈は?
彼氏いたんじゃないの?
小山世奈
小山世奈
なんで知ってるの?!
澤 凛斗
風の噂
小山世奈
小山世奈
…っ別れたの!
澤 凛斗
へぇ、原因は?
小山世奈
小山世奈
そこまで聞く?
澤 凛斗
だって気になるじゃん?
小山世奈
小山世奈
……喧嘩したの
澤 凛斗
…え?それで喧嘩別れ?
澤 凛斗
うわっ、あまりやりたくない
別れ方だなぁ…
小山世奈
小山世奈
勝手に言ってて
2人の距離はわずか2m

距離を取らずとも、この位置が私たちの標準
澤 凛斗
それで1人いじけてたのか
小山世奈
小山世奈
………
澤 凛斗
見栄張るのが悪いとか
じゃないけどさ…
澤 凛斗
少しは寂しいのひとつぐらい
言ってもバチは当たらなくね?
小山世奈
小山世奈
…いいの。別に
澤 凛斗
………
澤 凛斗
…あぁ、そういえば
最近話題のアニメの舞台化
あるの知ってる?
小山世奈
小山世奈
…しってるよ、当選
してなかったのに!!
澤 凛斗
(やべっ…)
小山世奈
小山世奈
…しかも明日がその日
舞台化行きたかったのにぃ
澤 凛斗
…なぁ、少し勝負しない?
小山世奈
小山世奈
なんの?
澤 凛斗
…俺直伝のしりとりゲーム
小山世奈
小山世奈
……つまんな
澤 凛斗
いや何正直に答えてんの?!
小山世奈
小山世奈
あ、本音が
澤 凛斗
…ちゃんと勝負に勝てたら
賞品があるぞ?
小山世奈
小山世奈
え…?
つい、賞品という言葉につられてしまう…
小山世奈
小山世奈
よし、受けて立とう!
小山世奈
小山世奈
さぁ、来いしりとりゲーム
澤 凛斗
「り」「き」「ら」「ん」が
最後につかないようにするだけ
小山世奈
小山世奈
それだけ?
澤 凛斗
案外難しいぞ?
…じゃぁ、ネット
小山世奈
小山世奈
とうもろこし
澤 凛斗
鹿
小山世奈
小山世奈
かすみ草
澤 凛斗
小山世奈
小山世奈
三日月(キリっ
小山世奈
小山世奈
ん?
澤 凛斗
はい、アウトー
小山世奈
小山世奈
あぁーーー?!
澤 凛斗
…wwwwww
小山世奈
小山世奈
何堪えて笑ったんだ!!
澤 凛斗
…いや、、(笑)
澤 凛斗
だってさ、自信満々に
「三日月(キリッ☆)」
澤 凛斗
なんて言うなよwww
小山世奈
小山世奈
ま、間違えただけじゃん!!
小山世奈
小山世奈
もういい、私帰る!
澤 凛斗
怒んなってwww
小山世奈
小山世奈
怒るわ!!
デリカシーの欠片もない馬鹿
澤 凛斗
待てって…!
っほら
凛斗が私の目の前にチケットを差し出す
小山世奈
小山世奈
チケット?なんで
澤 凛斗
いや、やるよ
小山世奈
小山世奈
だから、なんでって
澤 凛斗
本当は仕事の同僚と行く予定
だったんだけど…
そいつクリスマスに彼女と
約束してたらしくてさ
澤 凛斗
んで、断られたの
小山世奈
小山世奈
へぇ
澤 凛斗
その目は興味無いな…
小山世奈
小山世奈
だからって私にチケット
あげても何も得しないでしょうよ
澤 凛斗
得はしないな
小山世奈
小山世奈
(ムカッ
澤 凛斗
でも、、
澤 凛斗
好きな作品を共有出来る奴と
見に行きたいんだよ
小山世奈
小山世奈
………
澤 凛斗
一緒に行ってくれる?
小山世奈
小山世奈
………
小山世奈
小山世奈
マカロン5個でなら
行く
澤 凛斗
菓子付きかよ
澤 凛斗
(素直じゃねぇーな)
小山世奈
小山世奈
それに…
澤 凛斗
小山世奈
小山世奈
私だって好きな作品共有したい…
澤 凛斗
……!
小山世奈
小山世奈
ほら、今日はもう帰ろ!
明日の応援グッツ準備しないと
澤 凛斗
えぇ…舞台なんだから、別に
小山世奈
小山世奈
うっせ…(圧
準備するつったらするんだよ
澤 凛斗
へいへい
寂しい時間を寂しくない時間にしてくれて

ありがとう、、、
この雪の降る中、冷たく沈んだ私の気持ちは

誰にも分からないんだと思っていた。

友人たちからのメッセも全然気分が上がらず

嘘偽って反応していたことを深く反省する。
暖房のきいた展望台は暖かい。

いや、それ以外にも暖かいものがあったかも

しれない…。でもそれは分からないままでいい。
嬉しい気持ちをくれて、ありがとう…
───────────────────────
作者
作者
閲覧どうもありがとう
ございました
作者
作者
いや、本当はもっと早めに
投稿するはずだったんですよ?!

クリスマスのお話しだから
当日にでもっ!と考えていたら
お正月も過ぎておられましたとさ
作者
作者
でも何とか無事に投稿できたので
少しでも見ていただけたら嬉しいです
《今回の小説内容》

高校は卒業している設定で何年後かの

未来へと進みます。

社会人となった主人公は人に対しての

想いを忘れかける中、ある人に久しぶりに

出会って気持ちを取り戻すお話です。

《今回のメンバー》⇩『予想と妄想』⇩

世奈・高校卒業後、製造業に就職して4年目

哀・高校卒業後、調理専門学校に入学
卒業後は母校(小学校)の調理師のして2年目

詩音・高校卒業後、アニメ専門学校に入学
卒業後はゲーム会社に就職
アプリ等のキャラを描くイラストレーター
として活動を広げている

凛斗・世奈とは小学校の同級生。高校卒業後
コンピューターの専門学校へ
卒業後はエンジニアとして会社に就職

プリ小説オーディオドラマ