第32話

にじゅうきゅう
3,342
2022/08/28 14:08

side:YOU




はい、終わりましたよ








定員さんがそう言うと私の前から気配が消えた



本当に終わったんだ、



相変わらず怖くて目を瞑っている私はそう感じ



硝子ちゃんの名前を呼ぶ















Y O U
硝子ちゃん、、……?
家 入
ここいるぞ。いい加減目開けろよ











そう言われ恐る恐る目を開く



鏡に映るのは相変わらず知らない自分。



でもさっきよりもなんか違和感が ……















Y O U
…!!











瞼に色がついてる、!?



目尻に線が書いてあるし唇も血色が良くなってて



全体的にキラキラ何かが光ってる …



なにこれ、、?















家 入
メイクすると大人っぽくなるんだな、可愛さは変わってないけど
Y O U
… めい、く?
家 入
髪型も似合ってる













そう言われてまた自分を鏡でみると



確かにさっきと髪型が違う。



いや、長さは変わらないけど …



頭の半分から上の髪型束ねられていて



おろしている部分は外や内にクルクル巻かれている



それに束ねているゴムは綺麗な蝶がとまっていた。
















Y O U
…… ( 綺麗、) 
家 入
気に入ったみたいだな
Y O U
!… (コクコク)
家 入
よかった、もうすぐ傑たちが戻ってきたら着替えて _____














硝子ちゃんが何か言いかけたとき、



お店の扉が開き外から傑くんが入ってきた



その後に続いて何故か五条くんも。

















家 入
屑も一緒か
五 条
あ゛?悪いか??
夏 油
喧嘩しない。はいこれ















傑くんから大きな紙袋が差し出された



… なんだろう?

















夏 油
この中に入ってる服に着替えてくるといい。靴やアクセサリーも一緒に入っているから。脱いだものは全部ここに入れて
Y O U
……
家 入
奥に着替えるところがあったと思う















硝子ちゃんが定員さんと話して



奥の部屋に通される

















家 入
着替えたら出てこいよ















そう言われて扉を閉められた



… 着替え。これは全部傑くんが買ってきてくれたのだろうか?



恐る恐る袋から中身を取り出すと



2種類の服があった



そのうちの一つを手に取り腕を通す



















家 入
お、着替えた?














扉を開けると3人が待っていて



着替えた私をマジマジと見つめる。



… こんな服はじめてだし、



失敗作の私なんて何してもダメだから



似合ってないに決まってる。

















五 条
…… 普通だな、別に
家 入
普通より断然上だわ屑。
すげー似合ってる
夏 油
… 悟の方を選んだのが癪に障るけど、似合ってるよすごく。是非私が選んだのもきて欲しかった















… 似合ってる?本当に?

















夏 油
あなた、この後に悟と少し出かけておいで
五 条
は、?なんで俺??
夏 油
私はこの後任務なんだ。悟が代わってくれるなら私は喜んでいくけど?
五 条
… はあ、わかったよ
家 入
あなたに変なことしたらただじゃおかねぇからな五条!!
五 条
しねぇーわ!!
































;五条ver












;夏油ver



















作 者
作 者
五条は絶対スカート派だと思う。(偏見)











NEXT ⇒

プリ小説オーディオドラマ