前の話
一覧へ
次の話

第1話

1





風磨side







健人)んっ、きくっちっイクっ、
風磨)イケよ
健人)あっ//



中島はビクンと身体を反ってイッた






風磨)カワイッ(ボソッ)
健人)えっ、なに?聞こえない
風磨)うっせぇ//




俺が言ったことをかき消すように軽くキスする






指だけで感じイッた中島がただただ可愛かった




でも、そんなこと言えるわけないって




言っちゃったんだけどね










で、こんな可愛く喘いでる中島見てるとさぁ、






俺、理性保てねぇんだけど...












中島、今からもっと気持ち良くさせてあげる。