第6話

3.入学式の翌日 続き
826
2018/11/11 08:28
櫻井翔
あ…
バタン
櫻井翔
(行っちゃった…)
大野智
寂しいのぉ?蒼羽ちゃんが行っちゃって
櫻井翔
ち、違うよ!
相葉雅紀
そんな事言ってー、バレバレー
櫻井翔
えっ
松本潤
ついでにニノもね
二宮和也
翔さんはそうだけど、俺は違うから
松本潤
あ、やべ俺授業だ
またな
大野智
あーうん
相葉雅紀
頑張ってー
二宮和也
じゃあ、俺は寝ようかな
大野智
俺もー!
相葉雅紀
えー?つまんないー
櫻井翔
俺は6限の準備してくる
相葉雅紀
翔ちゃん、手伝う!
櫻井翔
本当?ありがとう☺️
相葉雅紀
(大人のクセに可愛いなぁ)
バタン
大野智
ニノぉあなたちゃんの事好きって本当?
二宮和也
はっ?ありえねーよ
大野智
だって潤くんが…
二宮和也
冗談だろ あの事知ってんだから
大野智
そうだけど…
二宮和也
いいんだよ、俺の事はどうでも
それより大野さんの話して?
大野智
俺ぇ?今好きな人いないし…
二宮和也
じゃあいいや。おやすみ
大野智
(怒らせちゃったかな…)
*放課後*
あなた
理科室…あった!ここかー
コンコン ガチャッ
あなた
二宮先生ー!いますかー?
二宮和也
ん…?あー、成田か。
あなた
成田か。って、ひどっ
先生が呼んだんですよね?
二宮和也
そうだね、うん。
あなた
で、何で呼ばれたんですか?
二宮和也
じゃあ…ここ、掃除して
あなた
え"っ…こんな汚い部屋?
二宮和也
寝てたのが悪い
あなた
はい 分かりました。
□ヾ(・∀・`o)フキフキ
あなた
終わりましたよ…って寝てるし
あなた
(寝顔まで整ってるな…キレイな顎のラインに白くてキメ細かい肌、丁度いい高さの鼻に男の人にしては長いまつ毛…)
あなた
私も、こんな美形に産まれたかったよぉ
ツンツン
あなた
(ほっぺぷにぷにしてる、可愛い)
パチッ
二宮和也
成田…掃除終わったの?
あなた
あっ、はい。
二宮和也
じゃあ帰ろ
あなた
いいんですか?
二宮和也
え、うん。
あなた
あ、私リュック教室だ!和先生、先に行っててください
二宮和也
じゃあ、校門で待ってる
あなた
はい!
------------------------------------------------------------
あなた
お待たせしましたぁー
二宮和也
ああ、そういえば成田はどこ住んでるの?
あなた
〇✕駅の近くですね
二宮和也
へー、意外と近いんだ
あなた
和先生は?
二宮和也
〇✕駅の3駅先
あなた
おお!!ウチから近い!
休日とか、会っちゃったりして笑
二宮和也
それは無いだろ笑
あなた
でも、会いたいなぁ
二宮和也
住所調べるとか、絶対やめろよ?
あなた
はぁーい
あなた
はい!質問!
二宮和也
どうぞ
あなた
好きな食べ物は何ですか?
二宮和也
…ハンバーグですかね
そちらは?
あなた
私は基本甘い物が好きですね
特にクレープとか、ケーキとか
あ、おばあちゃんが作ってくれる大学芋は大好きです!
二宮和也
ふっ  そーなんだ
あなた
笑わないでくださいよ笑
(笑ってるの初めてみた)
二宮和也
笑ってない
あなた
いいや、笑いましたね!
アナウンス「次はー〇✕駅ー〇✕駅ー」
あなた
じゃあ私次降りますね
二宮和也
送るよ
あなた
大丈夫ですよー
家近いんで
二宮和也
危なっかしいけどなー
あなた
私強いんで!
二宮和也
はいはい、気をつけて帰るんだよ
あなた
はーい、さよーなら
二宮和也
さよーなら
あなた
(んー!楽しかったぁ 思ってたよりいい人かも)
そしてあなたは無事家に帰りました。笑

プリ小説オーディオドラマ