無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
76
2020/02/16

第1話

発覚した日
荘「アァァァァァァァ!?
  受験やだよ!?
  助けてえええええええええぇ」
坂「うるさい、受験生は黙って勉強しいや、
  あ、部屋貸してな。」
荘「は??それや勉強出来ひんやん!?」
浦島坂田船の月曜日中...
坂「んでなー」
どんどんどん!!
浦「うぉっ!?どうした坂田。」
荘「おい!!兄さん!!
  はよ、部屋でてきや!!
  勉強したいんやけど!!
  受験生なんやけど!!」
セ「あ、妹はんやん」
荘「ん....?センラさん....?
  アァァァァァァァなんかわからんけど、
  ごめんなさいいいぃ、
  お邪魔しましたアァァァァァァァ
  あと!!兄さん!!はよ移動しいや!」
荘「はよ、移動せんとポケモンの追加コンテン
  ツ二つとも買ってもらうでな!!
  わかったか!!
  お邪魔してしまい、すみませんでした。」
坂「お、おう」
浦「何があった坂田?」
坂「なんか妹が乱入してきました。」
セ「え?wwwなんやそれwww」
志「ひゃっひゃっひゃっ」
そんな浦島坂田船の月曜日に乱入してきた
坂田さんの妹は
ポケモンヲタクでした