無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

326
2021/01/12

第10話

٩( ᐖ )۶
『分かりました』って言っても、誰に聞いたらいいんだろ?
侑くん?いやでも、私の事嫌ってそうだし....
治くん?でも、めんどくさいって言いそうだし....
やっぱりここは、角名くんかな?
いや!推しに聞くとか!傲慢ごうまんすぎでしょ!!!
北さんに頼りたいけど、、他の人に聞くか〜....
誰か居ないかな?
ワイワイワイ
あ!いい所に!
あなた「あの!!」
モブ男1「?!ど、どうしたの?」
あなた「えっと、マネの仕事を教えて欲しいんですけど、お時間いいですか?」
モブ男1「うん!もちろん良いよ!2人は?」
モブ男2「俺も俺も!一緒に行きた〜い!」
モブ男3「良いよ?」
あなた「.*・゚(*º∀º*).゚・*.ありがとうございます!じゃあ、早速スポドリの作り方を教えてください!」
モブ男1「着いてきて!」
モブ男2「あ!!おい!待て!!!」
モブ男3「大丈夫かな?(笑)」
水道_________
モブ男1「....で、完成!」
あなた「ありがとうございました!」
モブ男3「あとは?何か聞きたい事ある?」
あなた「じゃあ、ネットの張り方を教えてください!」
モブ男2「体育館にレッツラゴー!!!」
体育館__________
モブ男2「.....ここをこうやって、、出来た!!」
モブ男3「こっちも出来たよ〜」
モブ男1「どう?これで、大体かな?」
あなた「教えて下さりありがとうございます!!」
モブ男「「「いいえ〜、どういたしまして」」」
モブ男1「じゃあ俺達は、これで...」
あなた「はい!さようなら!!」
........
あなた「.......やっぱ、2次元はカッコイイわ....」