無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

375
2020/11/15

第4話

神、神かよ、、
あなた「角名くんカッコ良かった♡
てか家どこ?ん?カバンの中になんか入ってる....」
     ガサゴソ
あなた「手紙?どれどれ?」
『家は○○公園の右を行ったところにあるぞい。一人暮らしだが、家具はそのままだから安心せい。金は生活出来る分はあるからほかはバイトなどをして稼ぐ事。学校は"稲荷崎高校"に明日から通うこと。制服は家に置いてある。以上。
      神様より』
あなた「神かよ...最高じゃん!念願の一人暮らし!しかも、稲荷崎高校だって!角名くんと一緒じゃん!
さーて、家に行きますか!」
           トコトコ
あなた「着いた〜!」
                        ガチャ
あなた「ただいまぁー!って!広っ!すご!」
リビング___________________
あなた「あっ!制服だ!可愛いー!てか、夜ご飯どうしようかな?適当に作るかー」
キッチン___________________
あなた「さーて、何作ろうかな?カレーでいっか?」
数十分後
あなた「できた〜!じゃあいっただきまーす!」
数十分後
あなた「ふぅー、風呂入ってねるか」
お風呂終わり__________________
あなた「おやすみ〜.....スースー」