無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

362
2020/12/03

第7話

クラス
最近投稿できなくてすみませんでした!ちょ、ちょっとテストが悪かったもんで......





______________________






2-4___________________
先生「皆、今日は転校生を紹介する。」

ザワザワザワザワ
モブ男1「え〜?女子がええな〜!」
モブ女1「モブ男1サイテー」
モブ男1「なんでや!」

ザワザワザワザワ
先生「静かにしぃ?入って来てええで」
あなた「はい。」
ガラガラガラ
あなた「え〜。齋藤あなたと言います。家の都合でこっちに引越して来ました。よろしくお願いします。」
先生「じゃあこれから質問タイムや。」
モブ男3「はいはい!彼氏いますか?!」
あなた「いた事が無いのでいつでも空いています。ニコッ」
モブ男3「えっ!マジ?!フリーなん?!彼氏居るかと思ったわ」
モブ女2「じゃあ、好きなタイプは?」
あなた「.......カッコイイ人..ですかね?」
モブ女3「そうよな〜?カッコええ人がこの学校、"宮ツインズ"しかおらんしな〜」
あなた「?その"宮ツインズ"って誰ですか?」
モブ一同「!!!!!!知らんの?!!!」
あなた「!!は、はい...」
モブ女3「宮ツインズはカッコええんやで!!」
モブ女1「ファンクラブもだいたいの女子が入ってるらしいんやで!」
あなた「(あ...今思い出した。宮ツインズって侑と治って名前の人だった..忘れてた〜....角名くんしか見てなかったからなぁ〜....)うん。そうなんだ、ありがとうニコッ」
先生「質問タイ厶終わり〜。あなたは分からん事があったらいつでも言えよ〜。」
あなた「はい。(角名くん今日もカッコイイ♡どこ見てたか分かんないけど...)」
先生「じゃあ、あなたの席は”角名”の隣でええか?」
あなた「!はい。(よっしゃ!推しが隣!最高(*`ω´)bマジで今ので運使い果たしたわ〜。)」
トコトコ
あなた「よろしくね!角名くん!」
角名「ん。よろしく。」
あなた「(ん″ん″んーーーーー!!!!!可愛い過ぎる!!何?!この生物!?)角名くんこの前はありがとう!」
角名「どういたしまして。」