無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

416
2020/11/13

第2話

転生?!
あなた「おはよー!」
鈴木「はよー」
今日は夏休み明けの学校だから久しぶりだな〜
鈴木「最推しは変わらないデスか?」
あなた「もちろん!!角名くんがめっちゃカッコイイ♡」
鈴木「そうですか..あんたやっぱそれやめたほうがいいと思うんだけど....」
あなた「?なんで?」
鈴木「まぁいいよ、」


ふと道路を見てみるとそこには子供がいるではないか?!
鈴木「!?あなた!!!」
私はすぐに飛び出し子供を押した、、、
幸いにもギリ届くぐらいだったからよかった
                             プッププー
       キュルルルルルルルルルル
       ドンッ!!!!!
鈴木「あなた!!あなた!あなた!うそ、でしょ?ねぇ、そんな事ないよね?いつもみたいに『角名くんカッコイイ♡』って言ってよ.....
う、うわぁーーん!!!」
他人1「だ、誰か!救急車を呼んでくれ!」
他人2「きゃーーーーーー!!!!」
..ん?騒がしいな...
あっ、私子供を助けて引かれたのか、我ながらいい事したな、、
死んだなら『ハイキュー!!』の世界にいきたいなぁ、
??「そなたの願いを叶えてしんぜよう!」
だ、誰?
神「神じゃよ。君はいい事をしたから願いをかなえてあげよう!」
じゃあ『ハイキュー!!』の世界にいきたい、
神「わかったよ。ではいってらっしゃい!ホホイノホイ!」
うっ、変な感じがする、
あれ?視界が、、どんどん無くなって、、