無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
こうなってしまうことが




分かっていたのなら…







本当は最初から








分かりきっていたから






初めから何も要らなかったと。






不必要だと思った。






だから






訳もなく




好きかと聞いてくる





ぐくが正直 ウザかった。








なんでそんなに確認したがるの








恋愛なんて








離れるか永遠を誓うかの極端なゴールしかないのに







何故確認したがるの






ぐくが沢山の幸せを私にくれるから。










ごめんね。が痛くて






さよなら。が辛くて








ぐくが笑いかけてくる事。が苦しかった。









→→→→→