無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
お花を貰ったあの日から






貴方が頭から離れなかった。







暇があれば毎日通って








お話をした









カフェや遊園地









そんな関係でもないのに






毎日会っていた












出会って5ヶ月が経った____

















ぐく
ぐく
ねえ。〇〇さん。
〇〇
〇〇
どうしたの?
私達は2つ歳が離れていた。









ぐく
ぐく
僕、何かの本で読んだことがあるんです。
〇〇
〇〇
何を?
ぐく
ぐく
3回デートして告白しなかったらダメ。て
〇〇
〇〇
ん?
ぐく
ぐく
〇〇さん。
ぐく
ぐく
僕と付き合ってくれますか?
〇〇
〇〇
ほんと!?
〇〇
〇〇
年上だよ?
ぐく
ぐく
年上なのに
ぐく
ぐく
おばあちゃんの事ばあばって呼ぶとこ
ぐく
ぐく
大好きだから。
〇〇
〇〇
ありがと爆笑
ぐく
ぐく
そんな笑わないで笑
ぐく
ぐく
良い?
〇〇
〇〇
うん! こちらこそ!
ぐく
ぐく
やた!
貴方と私が付き合った日____

















→→→→→