無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
ぐくからの電話は毎日





それを毎回 無視していた。







話したら、もっと好きになるから。






嫌いになれないから。









そう勝手に思ってた









〇〇
〇〇
急すぎない?
何がなんでも急すぎる。







手紙が届く前日まで








仲良かったのに。









このまま永遠だって






何度も思ってたのに。















→→→→→