無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
ぐくsaid












〇〇はいつも何も言わない。







食べたいものはある?

と聞くと


毎回


「なんでもいいよ。」



と答える







好きか聞くと





「なんでそんな事きくの?」と






濁らせる







暗中模索の日々










そんなの面白い?





楽しい?







僕はただただ辛かった。









〇〇の本当の気持ちがわからないから






正解ばかり探してしまって







僕も僕を隠すようになってしまったから








本音で生きて行けなくなりそうで


















ぐく
ぐく
ごめんね。















→→→→→