プリ小説

第8話

Home4
近況報告会が終わってみんなが帰って、食器とかを片付けていたら、急に永瀬くんが私を呼んだ。
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
あなた
(なまえ)
(なまえ)
ん?
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
こっち


永瀬くんがちょいちょいと手招きするので素直にそちらに行く。
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
ここ来て


なんか…………凄い不機嫌そうにポンポンと自分の座ってる前を軽く叩く。
(なまえ)
(なまえ)
え?
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
こーこ
(なまえ)
(なまえ)
っっっっ/////
ポフ。


素直にそこに座ると、永瀬くんが後ろから乗っかるようにハグしてくる。
(なまえ)
(なまえ)
っへ、永瀬くん!?
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
んー………めっちゃいい匂いする
(なまえ)
(なまえ)
シャンプーかな………じゃなくて、ちょ、いきなりどしたの永瀬くんって
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
…………瑞稀と仲いいの?
(なまえ)
(なまえ)
え、うーん………まぁそこそこ?俗に言う幼なじみ的なやつだから距離近めなのかもねー
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
…………ふーん



永瀬くんはしばらく「ふーん、ふーん」って言った後、「あなた」ともう1回名前を呼んだ。
(なまえ)
(なまえ)
ん?
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
………(チュ)
(なまえ)
(なまえ)
/////!?



軽く唇にキスを落とすと、またハグする。





あ、これそっか










…………嫉妬してるんだ
(なまえ)
(なまえ)
んふふっ
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
………なに笑っとんねん
(なまえ)
(なまえ)
だって好きな人にヤキモチ妬かれてるんだよ、幸せじゃん
と、言って私は


チュ


と永瀬くんの頬に軽くキスした。
永瀬廉(ナガセレン)
永瀬廉(ナガセレン)
え、あなた/////?
(なまえ)
(なまえ)
私が一番好きなの永瀬くんだから大丈夫だよ


永瀬くんはちょっとだけ照れてから少し笑った。



......................................................



▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂うわぁぁぁ!!



あのね、自分で書いときながらこのスキ→キスごっこシリーズの胸きゅんシーン






廉くんやばくないですか(真顔)




なんか今日うちの執事が言うことにはの画像とか見てたら、これが書きたくなって………

廉くんならこんな感じに妬きそうだなと思いました。


で書いたら廉くんのイケイケ感に真っ赤になりながら書きました。

こういう嫉妬されたいです…非リアだけど笑


みなさんは憧れのシチュエーションとかありますか?(本編には全く関係ないですただ雑談的な質問です⬅どんなだよ笑)


ということで作者でした!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ℳ.
ℳ.
でもどり 💟Hey! Say! JUMP💚 ❣King & Prince💛 💚HiHi Jets 💜miwa ❤️三浦大知 ✨中川大志etc……… STAR☆Aliceメンバーです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る